未来政治塾 ロゴ政治は未来をつくるもの。「遠い」政治を「近い」政治へ。

MENU ▼
第一回講義
School of Future Politics

第一回講義

未来政治塾は政治の世界への新規参入を促進する政治塾です。
【 未来政治塾 School of Future Politics 】
【 News 】 未来政治塾 塾生募集開始いたしました。 詳しくはこちらを御覧下さい。 受講方法/募集要項
[ 講義テーマ ]

滋賀県政

平成30年度 第一回講義(07月14日開講)URL
7月
14
SAT
[ 講師 ]
嘉田 由紀子 田原 総一朗 武村 正義 川端 達夫

滋賀県発、草の根自治県政の歴史と国政からみた滋賀県政

田原総一朗さんは滋賀県彦根市出身であり、自伝的にジャーナリストを目指した動機や、政治評論家としての活躍の歴史を語ってもらう中で、現在の国政がかかえる課題を伺います。 特に米朝関係など世界が大きく変わる中で、日本はどのような立ち位置をとるべきか、その中で地方自治はどうあるべきか、滋賀県の置かれている位置をヒントに提言をいただきます。

武村正義さんには1974年の草の根県政から知事時代の琵琶湖政策など特筆できる政策、国政への転換、特に今の選挙制度をつくった1990年代初頭のさきがけ時代の国政政治を解説してもらい、今後の滋賀県政への意見をいただきます。

川端達夫さんからは、東レの研究者として企業就職した後、若くして国政に挑戦した動機や、働く者の代表として「連合」がつくられた時の「大きな塊」をつくった願い、そして2009年民主党への政権交代で文部科学大臣として実現した「高校教育の無償化」や総務大臣としての地域主権改革、衆議院副議長として天皇の生前退位でのリーダーシップについて等、語ってもらいます。

そして三人そろって、これからの地方自治のあり方や、若い人たちが政治に興味をもってもらうための方策などについて、提言をいただきます。

講師

田原総一朗(特別顧問・ジャーナリスト)
川端達夫(前衆議院副議長)
嘉田 由紀子 塾長 (前滋賀県知事)

※ 開催日時、会場、講義内容、講師等は変更になる場合がございます。

募集要項/応募フォーム

応募フォーム

応募資格:年齢・性別・学歴・職歴・支持政党などは不問。
応募方法:応募フォームに必要事項を記入いただき、志望理由をもとに入塾審査を行います。
募集締切:平成30年5月31日(木)

※ 受講生や卒業生が各種選挙に立候補する際に、塾長以下当塾の関係者が推薦・公認・立候補支援等を約束するものではありません。
※ お申込後、ご参加をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。
※ 詳細は受講方法/募集要項ページをご確認下さい。